イベントにおいて主催者に求められていることとは

現代でイベントに求められていることとは

日本中でモノが溢れている昨今、企業や芸能人・アーティストたちが企画するイベントに求められているのは、ずばり「参加型」です。

一昔前は、イベントは見に行くものと考えられていましたが、いまの人々はそれでは物足りません。自分もイベントに参加して触れて楽しめることが必要となってきました。

その代表例が、有名人の握手会でしょう。自分と接点がなく雲の上の人と思っている人と何センチの距離まで近づくことができて触れ合うことができるのです。直接応援メッセージを聞いてもらうこともできますし参加者は間違いなく一生の記念になります。また、企業が開催するイベントもキーワードは「体験」です。自分の目で見て触れて動かしてみて体験するからこそ『顧客満足』ではなく、『顧客感動』が生まれるのです。

イベントは、主催者とお客様(参加者)がひとつになって初めて成功となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. イベントにおいて主催者に求められていることとは
    香川県高松市付近で新たにイベントを開催する場合のポイントは、讃岐うどんのような名産に関連した企画を考…
  2. イベントにおいて主催者に求められていることとは
    神奈川県川崎市は細長い形をしており、地域によって住民の構成や産業構造も異なります。したがって川崎…
  3. イベントにおいて主催者に求められていることとは
    山形県の県庁所在地である山形市付近でイベントを開く際のポイントを紹介します。山形市の駅前は文翔館…
  4. イベントにおいて主催者に求められていることとは
    京都府宇治市付近でイベントを開催するのであれば、せっかくですからいくつもある世界遺産をポイントに組み…
PAGE TOP